previous arrow
next arrow
Slider

別れさせ屋について、世間の評価は様々です。

別れさせサービスが広く認知されたのは、2001年に放送されたテレビドラマで、それ以降たくさんの参入がありました。しかし数が増えれば、良心的な別れさせ屋とそうでないところが出てきます。

別れさせ屋が合法か違法か、専門性の高い調査と工作を誇る当社老舗と言える当社視点から解説します。

 

別れさせ屋が合法か違法か、当社視点から解説します。

別れさせ行為は合法である

結論から言うと、別れさせ行為は合法です。
しかし、すべての業種ど同様に、違法な行為を行う業者が存在します。

弊社「別れさせ屋」が実施している歩カレさせ工作では、弁護士、警察DBのもと完全に合法で道徳的な対応を実施しています。
夫婦間などでの浮気問題の解決などの実施などを主に実施しております。

(1)法的背景

まず法的背景から言うと、興信所等のサービスを行うためには公安委員会に届出をしておかなければなりません。

まず、はここで法律をクリアしていない業者があるのです。当たり前のことですが、いわば素人考えで簡単に尾行や待ち伏せできると思っている業者がいます。ここで摘発されれば当然違法となってしまいますね。それをもって「別れさせ屋は違法」とされたら、真面目に営業している事務所はたまったものではありません。
また、企業が行うすべての契約行為は、「公序良俗」のもと実施される必要があります。
別れさせ工作などの別れさせ行為などでもこれは必須です。
「公序良俗」に反するとされる例では、詐欺的な手法(金銭を搾取)、肉体関係を持たせる、虚言を流布するなどがあります。
浮気相手と別れさせようとするとき、悪質企業や悪徳企業では、こうした「公序良俗」に反した行動を行う場合があります。
当然こうした行為は許される物ではありません。
別れさせ行為を行う場合でも、法を遵守し、専門的なプロセスによって行うことが重要となります。

(2)組織形態

他には、株式会社として登記していない会社、メールや電話の対応などが遅い会社、料金が安すぎる会社、過去に営業停止処分をうけた会社などがあります

これらの会社は、別れさせ屋や探偵業うんぬん以前に、ビジネスの基本レベルで問題があると言えます。

残念ながら、こうした会社や事務所が多いのも事実です。決して広告やイメージばかりでなく、実際にメールや電話の対応からビジネスレベルを把握していただきたいと思います。

(2)契約の内容

ここで、一つの判決事例について考察します。

2015年11月、別れさせ屋が公序良俗に反し契約が無効かどうか争われた訴訟の控訴審判決で、大阪地裁は、別れさせ屋は違法とは言えないと判決を下しました。

 

事情は次のとおりです。

依頼人の女性は、2014年、好意を寄せる男性に交際相手がいると考え、その女性を調査する契約を別れさせ業者と結びました。男性工作員が対象女性と連絡先を交換すれば着手金90万円、別れさせるのに成功すれば報酬45万円を払うという契約内容でした。

結果、どちらも成功したのですが、そのあとで対象女性は当該男性と交際していないことに気づき、女性は工作中止と調査終了を求めました。

しかし業者は「工作は成功」、依頼女性は「別れさせ工作は公序良俗に反するから調査は無効」として争われました。

そして判決は、「実際に男女の関係が終了するかは対象者の意思次第、業者が別れさせる目的を達成できる可能性が高いとは言えない」と判断しました。

つまり、男女が別れるかどうかは本人たちの意思次第であり、そこに別れさせ屋が介入する余地はあまりない、だから本件は公序良俗違反にはならない、依頼女性は業者に対して97万円の報酬を支払えと命じました。

一方、肉体関係を意図的に用いるような別れさせの行為は、「公序良俗」に反するとの判決も出ております。

本来の別れさせ行為では、完全に合法な対応を行い事が当然となりますが、悪質な別れさせ業者では、こうした専門性が無いため、安易な違法行為・悪徳行為を行っているケースがあるので注意が必要です。

男女が別れるかどうかは本人たちの意思次第であり、そこに別れさせ屋が介入する余地はあまりない

別れさせ屋は無力か?

しかしこれは一方では、別れさせ屋が何をしてもあまり役には立たないと言っているようにも聞こえますね。

がこれは、別れさせ屋の力量次第ではないでしょうか。

端的に言えば、別れさせ工作をする工作員が、どのような話術を持っているか、どんな人物か、清潔感など異性から好かれる特質を持っているか、恋愛感情を他に向けさせるテクニックを持っているか等の点です。言うなれば、人としての魅力です。

同時に、それをサポートする事務所のレベルもあります。

実際に活躍する工作員は1人のことが多いですから、経験豊富なスタッフが臨機応変工作員へアドバイスしたり、今後の指針を決めたりと、すべきことはたくさんあります。工作員は決して独断で動いているわけではないのです。以下に法律の範囲内で最適の別れさせ工作や行動ができるか、それにはバックの法的サポートが欠かせません。

別れさせ屋が合法か違法かは、別れさせ工作による

そして2つ目の判決事例は、別れさせ工作をしていたものが殺人事件に発展してしまった、というものです。これはもはや、言語道断ですね。

つまり別れさせ工作が合法か違法かは、別れさせ工作そのものが合法か違法かということに尽きます。

その点弊社は、別れさせ屋の他に、浮気調査、探偵社、弁護士、復縁屋などのビジネスを行っています。それぞれの道で豊富な経験を積んだ優秀なスタッフが大勢おりますので、 どうぞご安心下さい。別れさせ業者を支えているのは、豊富な法的バックグラウンドです。

別れさせ工作においても、随時弁護士が的確な法的アドバイスを行っております。

是非、別れさせ屋株式会社にご相談ください。

別れさせ業者の最終的な目的は、あなたの大切な方を取り戻すことと、あなたの幸せです。決して「騙された」ということのないよう、あなたのお悩みを親身に伺い、アドバイスをし、別れさせ工作に着手します。

料金は、別れさせ工作の内容にもよりますので、一概には言えません。しかし、法的根拠に基づいた内容には自信があります。

数ある別れさせ屋のうちから、こうして当社社長のブログにたどり着いたあなたには、幸運だと思っていただきたいです。一度お声をかけていただければ、最適なソリューションをご提案いたします。

別れさせ屋が合法であるか違法であるかは、ひとえに工作員の活動内容にかかっていると言っても過言ではありません。
そのためには、工作員の人間的魅力や能力と、それを支える事務所の組織力がものを言います。
別れさせ株式会社は、経験豊富なスタッフを多数かかえており、常時的確なアドバイスを行っております。
是非一度、我々にお声かけください。

最近の投稿

別れさせ屋関連の裁判・判決事例

別れさせ屋判決事例.jp

別れさせ屋判決事例.jp」は別れさせ屋株式会社が、運営しています。

「別れさせ屋」「別れさせ工作」は別れさせ屋株式会社の登録商標です。無断でこうした弊社商標を使用している悪徳業者では違法な契約や行為を行っているケースが多々ございます。十分に注意を行って下さい。

PAGE TOP

最近の投稿

別れさせ屋関連の裁判・判決事例

別れさせ屋判決事例.jp

別れさせ屋判決事例.jp」は別れさせ屋株式会社が、運営しています。

「別れさせ屋」「別れさせ工作」は別れさせ屋株式会社の登録商標です。無断でこうした弊社商標を使用している悪徳業者では違法な契約や行為を行っているケースが多々ございます。十分に注意を行って下さい。